信用情報に傷がついている

カードローンでお金を借りようと思って申し込みをした、けれども審査で落とされてしまったという人はいませんか?審査に落ちてしまうのには理由があります。

その中の一つに信用情報に傷がついているからです。カードローン会社は審査の際に、信用情報機関に照会をかけます。信用情報には皆さんのクレジットカードやローンの契約状況・返済履歴などが記載されています。そこでもし頻繁に延滞などの記録があれば、信用力に難ありということで融資を断られてしまいます。

特に事故情報と言って、長期の延滞や債務整理があるとまず審査には受かりません。しかもこの事故情報、当面は信用情報に掲載され続けます。信用情報機関によって長さは異なりますが、大体5〜7年といわれています。この間はまずどのカードローンでも借り入れできないと思った方がいいです。

うその内容が書かれている

申込書にはいろいろな項目欄が用意されています。もしこの中にうその情報が記載されていれば、審査落ちになります。「多少うそを書いてもバレないのではないか」と思っている人もいるでしょう。

しかし勤務先は在籍確認と言って、申込書に記載されている職場に連絡をします。またその時点の借り入れ状況や過去の借金のデータも先ほど紹介した信用情報機関で記録をとっています。このため、うそをついてもほぼ確実にばれてしまうと思った方がいいでしょう。また、うそではなくても単純に記入ミスした場合でも情報の整合性が取れず審査落ちになるでしょう。

メニュー